自分が乗ってきた車を売るという経験は、そんなに数多くするものではありません。
それだけに、間違った思いこみや事実ではない風評を信じ込んで、車を売却しているケースが少なからずあるようです。
たとえば、走行距離が10万キロを超えた車は、売ることができない、といった話をよく聞きます。
実際には、そんなことはありません。
10万キロを超えて走行距離の車でも、ほとんどの場合、相応の値段がつくものです。
もちろん、10万キロを走った車は、各種の部品を取り替える必要があるかもしれません。
また、かつては、多走行車はいつ壊れるかわからない、といったことがあって、中古自動車市場でも値段がつかなかった事態は珍しくなかったようです。
今の時代でも、ディーラーに新車を買うときの下取りに出した場合は、おそらく、査定金額はゼロだと言われるでしょう。
ただ、現在はテクノロジーが大いに発展し、自動車の耐久性は目覚ましく向上しています。
今の車なら、10万キロ走ったぐらいでは、自動車が壊れることはありません。
長距離を走った車を査定してもらいますと、車種によって、値段が大きく上下します。
人気のある車種であれば、かりに10万キロを超えて走行していてもちゃんと値段がつくのです。
テクノロジー05 テクノロジー06