車を売却するとき、車検の有無を気にする人が多いです。
売却希望の人で、検査有効期間があまり残っていないというので、検査を通しておいたほうがいいかどうか、迷っているという話は、よく耳にいたします。
結論から申しますと、売却査定前に検査を通すメリットはさほどありません。
もちろん、通さないよりは通しておいたほうがベターでしょう。
ただ、高額のお金をかけてまで検査を通さなければならない必然性はありません。
というのは、仮にあえて検査を通したとして、それにかかったコストがそのまま上乗せされることは、まずあり得ません。
車買取業者のほうは、検査を安く通す方法ぐらいは十分に知っているのです。
仮に検査が切れていても、業者のほうで安く通すぐらいは朝飯前なのです。
ということは、買取業者にしてみれば検査登録の残存期間によって、査定額に大きな差が出てくることはないと見るのが自然です。
ですから、査定額のアップに貢献しない検査通しについては、売却希望者のほうが多額の費用を負担して行う必要はありません。
中には、「検査が切れかかっていますから、査定額が大きく減額されます」などと言ってくる業者であれば、誠実な取引を期待することが難しいと判断するのが賢明です。
他の業者を探すほうが安全です。