中古車選びで最も注目したいのは、走行距離です。少ない距離しか走っていない車であれば、振動による負担が少ないので足回りの部品の劣化が抑えられていると判断できるからです。また、走行を続けていると発生しやすい車体の歪みは距離に比例するので、安定した性能を発揮してくれることが期待できます。車体の歪みが大きくなると、平常時では影響を受けない部品に悪影響があり、予期せぬトラブルを誘発してしまう可能性があります。車に詳しくない方の目から見ても明らかな車体の歪みがある場合は、走った総距離を確認すると納得ができることがしばしばです。予期せぬトラブルと言えば、交換部品が知らず知らずに劣化していることが原因である場合があります。交換が必要な部品が劣化することは、多くが長い距離を走り抜けた証と判断可能です。車検の時期が来る前に故障が頻発する恐れがあるため、総距離は短いに越したことはありません。車のボディを気にする人も、総距離を確認する行為は有効です。長い距離を走っていれば大量の外気に触れるので、ボディが錆びつきやすくなります。ボディは特段気にしない方であれば問題はありませんが、部品の劣化具合の判断指標として総距離に注目するのは効果的です。