中古車市場の基礎知識

| 未分類 |

中古車とは新しい自動車や自転車を消費者が購入し使用した後売りに出すもの、再購入されたものをいうが、一般には自動車のこと指します。
また、メーカーからの試乗車などで登録されたものも中古車といいます。
ナンバーの登録だけされ使用していないものなどを新古車ともいいます。
最近では現状の景気もあり、中古自動車市場は非常に需要があるといえます。
中古車はディーラーに下取りに出すか、中古車業者に売り渡すのが一般的です。
買い取った車を業者が整備をし売り出すか、中古車業界のオークションに出品されます。
今ではネットで現状の車の買取価格を簡単にネットで見積もることができ、そのまま交渉に入り売り渡すことも可能になっています。
中古車を売りに出すときは、できる限り車体や内装が綺麗な状態、点検で何もひっかかることもなく走行距離も少ない車体の方が高く取引できます。
生産中止となった車体や状態の綺麗なレトロな車体も高値で取引きされることがあります。
中古車業者に売り渡す場合は、査定士という資格を保持している業者が車を査定し、査定額を算出します。
市場で最近人気の車種は軽自動車が保険料や税金の安さから購入する人も多く、ミニバンやワゴンなどよりも高査定になることがあります。